読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きるを楽しく。

名古屋で働くOLです。疲れても、飽きても、何とか楽しく生きられないもんかな、と思いながら毎日を過ごしています。

奨学金を前倒し返還して。

日本学生支援機構から、144万円をお借りしていた。




30才になった時、ふいに思い立って「全部返そう」と思った。

その時点で残り70万円くらい。

70万円がいっきに引き落とされても大丈夫なくらい貯金していたし、

数万円とは言え利息が減らせるのも魅力的だった。

手続きはあっという間に終わった。



返還証明書が届いた時、

卒業証書をもらったような気持ちになって

泣けた。

全然、がんばって返してます!って気持ちはなかったのに。

ただ、とてもとても嬉しかった。



この喜びを彼氏に話したいと思ったけれど、

私立大学を奨学金なしで卒業している彼に話しても、わかんないよね、と思ってしまった。

そんな小さなことはどうでもいいはずなのに、

スタートラインが違うんだと思ってしまった。




奨学金を前倒し返還して、

あ、もう借金ないんだ、と思ったら、

不自由さなんて感じていなかったのに、

ものすごく自由になったような気がした。

もう借金を返すために働かなくてもいいんだ、

好きなことをしていいんだ、と思った。


そして、嘘みたいだけど、それから半年もしないうちに転職した。




奨学金を借りなくても大学に行けたら、

よかったかもしれない。

でも、奨学金を借りられたから大学に行けた。

私は、後者の方をずっと覚えていたいと思う。




f:id:mryk6:20170217202433j:plain